自賠責保険と任意保険の違いって何?

自賠責保険とは何か?

自動車を所有する者は、車検に通さなければなりません。車検では、自動車税の納付のほかに自賠責保険に加入することが義務付けられています。自賠責保険とは、事故を起こした際に被害者が死傷したら支払う賠償金を保証する強制加入保険のことです。保証の内容は、上限額の定められた対人賠償だけで、対物賠償は含まれていません。被害者に重傷を負わせたり、死亡させたりすると、多額の賠償金を課せられるため、自賠責保険だけではカバーしきれないことが多いでしょう。自賠責保険でカバーされない不足分については、保険加入者が自腹を切って弁済しなければならないことになります。重大な事故の場合、自己資金だけでは億単位に上る賠償金を払いきれないことがほとんどのケースと言えます。

任意保険に加入すると何が保証されるか?

そこで、自賠責保険で保証されない部分について、自腹を切らなくても保険金で賠償することができるように、民間の任意保険に加入することが必要です。任意保険は、対人と対物の賠償金額が無制限に設定されていることが多く、重大な事故で多額の賠償金を請求されても保険金でカバーできるのです。また、自分や同乗者が死傷した場合に、相手が無保険車でも保証される搭乗者傷害保険を附帯することもできます。そのほかにも、車内の物品の損傷についても保証されたり、他車を運転する際にも保険が適用される他車運転特約を付けたりできるなど、様々なサービスを附帯することが可能です。車を運転するなら、自賠責保険だけでなく、任意保険にも加入しておくことが欠かせません。